福岡紅塾について

福岡スピリッツと福岡紅塾

講談は、江戸時代~明治・大正にかけて盛んになった日本の伝統話芸の一つです。

大声を出して講談を語ると、いろんな歴史や時代背景が自然に垣間見えて面白い!ストレス発散にも効果あり。道具は『扇子、手拭い、張り扇』のみ。気軽に人前で出来る話芸は「かくし芸」としても大人気。あなたもそのリズムとメロディーの虜になること請け合いです。まずはお気軽に一日体験してみませんか。参加費は無料。お待ちしておりま~す!

 

 

授業内容

●舌の運動・顔のウオーミングアップ

テキスト基本①の修羅場(メリ・ハリ・ツッコミ・謡い調子)

 『鉢の木』より“いざ鎌倉”を訓練

テキスト基本②の修羅場(リズミカル)

 『真田幸村大坂出陣』を訓練

古典や創作講談へのチャレンジ

日時/毎月第3月曜日の教室

●昼の部 15:30~17:20

●夜の部 19:00~20:50 各受講料…3,650円

                   (税込)

●初級(基礎)クラス

  17:45~18:45  受 講 料…2,600円

                 (税込)

【支払先:TNC西日本文化サークル】

春の発表会

●毎年4月に「福岡紅塾発表会」を開催。

 参加料 10,000円予定

 

●出演希望者の個人レッスン(補習教室)実施。

秋の
福岡スピリッツを語る
    神田紅独演会」 に出演

●参加料 10,000円(税込予定)

 出演希望者は開口一番(前座)・リレー講談の補習があります。

【これまでの演目】

2005年『母里太兵衛』、2006年『南部坂雪の別れ』、2007年『家族の絆~杉山家四代』、2008年『鉢の木』、2009年『広田弘毅~愛妻物語』、2010年『黒田如水』2011年『帯刀の女医 高場乱(おさむ)』2012年『士魂商才 出光佐三』2013年『黒田節』2014年『貝原益軒 養生訓』をリレー講談で語って来ました。